2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 2014年2月 | トップページ

一瞬の出来事

転んじゃいましたcrying

金曜日通勤途中転んでしまった。

少し急いでいたので小走りになった途端目の前にコンクリートがsweat01 ヤバイ!と思った瞬間顔からコンクリートに喧嘩を仕掛けてましたsweat02

一瞬気を失ったのかもしれない。通りがかりの女性が大丈夫ですか?と声をかけてくれて初めて気が付いた。自分が転んでしまって、前歯が折れていることに。そして、口の中から血が噴き出ていたことにcoldsweats02

彼女がとても親切な方で、救急車呼びましょうか?って言ってくれたのに、まったく顔も覚えていなくて本当に(*_ _)人ゴメンナサイ 。

道端に口の中の血を吐きだしながら、ハンカチで顔と口を押えて、100メートルくらい先にある病院へ歩いて行きました。顔からも口からも血を流しているのだから、救急扱いになるかと思ったら、そのまま普通に受付をし診察、治療と、すごい顔になっているのに最後は会計の待ち人たちの仲間になって座っていました。病院って血流しながら行ってもこんな対応なの?

とりあえず治療は左頬の10センチに及ぶ擦り傷(赤むくれになってました)と、左鼻から唇にかけての擦り傷の治療、上唇が切れていたため2針縫い(歯が1本折れてましたがそれは後日歯医者に行くことになるでしょう)、肩の擦り傷、右手甲の6か所に及ぶ擦り傷の治療。とんでもないことになっていました。さすがに仕事はお休みにしてもらい、そのまま自宅へ引き返しました。

翌日は目が充血し左目の周りは内出血でアイラインを引いたように、そして縫ったところは腫れてとんでもない顔になっていました。人生終わったかと本当に思ったけどね、3日目の今日はそれでも多少まともになってきたような気がする。

でもこれを知らない人が見たらまるで旦那に殴られたんじゃないかと思われるんじゃないかしら。転んだだけなのに、本当に殴られたような顔になるなんて、まったく思わなかった。火曜日から仕事なのに、大丈夫かしらcoldsweats02

音楽のちから

嵐の桜井君が司会を務める音楽番組を見ている。

今、「いちご白書をもう一度」が流れてきた。1970年代、激動の時代だそうだ。

その時代はまさに私にとっては青春時代。

高校生の甘酸っぱい思い出、・・・うん? 甘酸っぱいっていにしえのにおいが(笑)

専門学校に通っていたころに付き合い始めた、昼間は会社員、夜はホスト・・・これは甘酸っぱいとは程遠いか(笑)

ただ音楽というのは、聞いたとたんにそのころの情景が、また感情までが心の中にシャワーのように降り注ぎ、時としてはにおいまでもが戻ってくる、すごい「ちから」を持ったものなのだと今更ながらに感じました。

« 2014年2月 | トップページ