2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 2012年5月 | トップページ | 2013年9月 »

詩も曲も永遠にあれ

 約束:イ・サン

もう花は 季節を終える
思い出までも 遠くへ連れて

覚えてますか ひとつ心で
固く結んだ 指と指とを

忘れられない 忘れたくないの
幻だったと 言わないで

泣きながら 伝う思いは 
いつもあなたの そばにあります

忘れられない 忘れたくないの
愛はいつまでも 消えないの

ネゲオルスンオムナヨ サランハルスンオプソンナヨ
クデヘイルスオムヌンマム ナヨットンガヨ

変わらない わたしの思い
いつもあなたの そばにあります

 作詞:イム・セヒョン、日本語詞:松井五郎
 作曲:イム・セヒョン

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

2013年12月17日:検査当日

朝食は抜き。水やお茶はOK。

7時から下剤(マグコロールP)を飲み始める。
2時間くらいで飲み終わらなければいけないらしい。
初めは順調に進んでいたのだが、だんだんペースが落ちてくる。
結局だらだらと、お昼くらいまでかけてしまった。

飲み始めは昨日の恐怖がよみがえり、どんな大変なことになるのだろうかとびくびくしていたのだが、この下剤は全く腹痛はなくただただトイレに行きたくなるだけ、心の底からほっとしたが、トイレの回数は半端じゃない。

便の色が無色になるまで、お小水のように排便される。
すごいものだ・・・初体験ゆえの新鮮な驚き(*^m^)

そして午後から自転車で病院へ。

検査着に着替え、腸の動きを抑える注射と鎮静剤の注射をしていよいよ検査開始です。

検査中はドキドキで、鎮静剤がよく効かなかったのか、私が痛がりなのか、痛い!と何度か叫んだような気がする。
でも、そのたびごとにすぐ痛みを回避してくれたので、ドキドキも治まり無事終了。

検査終了後、詳しい説明を受ける。

大腸にポリープが2つ確認された
   ・下行結腸下方に5~6㎜大
   ・S状結腸の上方に2cm程

小さいポリープはほぼ良性で間違いなし。
大きいポリープは悪性の可能性あり。

とりあえず、両方とも細胞を取り精密検査(生検)へ。

鎮静剤を注射したので、1時間ほどベッドで休んで、自転車で帰る。
もうすでに外は真っ暗、街灯の少ない道はまるで今の自分の気持ちの表れのようだった。
12月の寒い夜道をひたすら自転車をこぎ続けた、ほんの10分くらいの道のりが、やけに長く感じ、人間て情けないよなぁ、なんて思ったりもして。。。
そんな中、説明を受けていた時に先生の後ろにいた看護婦さんのことを思い出した。
とっても優しい、それなのに力強い。大丈夫だから(o^-^o)!!と、声に出して言われたわけでもないのに、私にははっきりとそう受け取れたあの眼差し。
あの看護婦さんの姿に、どんなに救われ勇気をもらったことか。

看護婦さんて偉大だ!!ありがとう!!;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

2012年12月16日:検査前日

朝食は消化の良いものを食べ、昼食からは検査食を食することに。

Photo   左がその検査食

  自分で作るのは面倒なので、病院で用意されているものを購入。

  昼と夜の食事が手軽にでき、尚且つおやつまでという優れもの。

  なかなかおいしかった(゚ー゚)

  

その後、就寝前10時ごろに水下剤を丸々1本服用。

こんなに飲んで大丈夫?という不吉な思いは的中!!

何度死ぬかと思ったことか・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

おなかは強烈に痛い・・・、通じは止まらない・・・、そして眠れない・・・
明朝はへとへとでした(;´д`)トホホ…

2012年12月10日

9月の健康診断のあと、再検査の通知が来たが、仕事も忙しく検査に行く機会を失っていた。。。のも事実だが、大腸の内視鏡検査は胃の内視鏡検査とは違い苦しいという話を聞いていたので、尻込みしていたという方が正しいのかもしれない。

しかし、出産も無痛出産(これはどこかで紹介しよう)を選択した私、医学が進んでいるこの世の中、無痛大腸内視鏡検査がないはずがない( ̄○ ̄;)!

いざとなると、本領が発揮出来ると信じている私です。

探しました!! 無痛大腸内視鏡検査!!

インターネットを駆使して、自宅近くのクリニック。早速電話して、本日行ってきました。
先生も大変親身になってくれる話がしやすい先生で、17日に検査をすることに。

大腸の検査は2日前から食事に気をつけなければいけなく、大変さをひしひしと実感。
主人も何年か前に大腸内視鏡検査を行っているが、その時は全くの他人事で、ふ~ん、大変だね~、位に思っていたのに、いざ自分が検査を行うとなると、なかなかのへたれになるものだw(゚o゚)w

そんな・・・

2012年9月:健康診断にて大腸が要再検査となる

2012年12月10日:大腸検査の相談に近くのクリニックへ

2012年12月17日:大腸内視鏡検査にて大腸にポリープが2つ確認された
            ・下行結腸下方に5~6㎜大
            ・S状結腸の上方に2cm程

2012年12月26日:細胞検査の結果2cmのポリープは悪性の可能性あり

2012年12月29日:胃カメラ検査は異常なし

2013年1月4日:クリニックの紹介で総合病院へ

2013年1月7日:入院

2013年1月10日:手術(単孔式腹腔鏡下手術)

2013年1月26日:退院

人生いろいろ・・・だなぁ

ブログの更新も全くないまま1年なってしまいます。
なんて早いのでしょう。年月の経つのは・・・

この1年で私は何を得たのだろう・・・
もう少し、と思って手を伸ばすと、いつの間にか遠くに行ってしまう。

そんなことを繰り返していたような気がするなぁ。

ここで仕事がしたい、この人と仕事がしたい、
様々な思いが叶わぬまま、一人島流しにあったような気分だ。

3月から仕事を再開する予定だが、どうも気分が重い。

次の仕事を探したほうがよさそうな気もするが、
なかなか今の世の中うまくはいかないものよね~

さぁて、どうするかなぁthink

« 2012年5月 | トップページ | 2013年9月 »