2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 2011年6月 | トップページ | 2012年2月 »

腰が・・・4日目

四日目:今日は主人が休みなので、いつもお世話になっているマッサージ師のところに連れて行ってもらう。今まで見てもらった中で一番症状が重いようだ。

そりゃそうだ、歩けなくなるのかなどという恐怖に今まで見舞われたことなどなかったのだから。

とりあえず治療をしてもらい(8,900円もかかっちゃたよ~(p´□`q)゜o。。)、帰ってくるが、その治療の痛かったこと!!

かなり痛いですが頑張ってくださいねと最初に言われたが、本当に本当に痛かったsign03

でも、さすがに名医(私はそう思っている)、歩くどころか立つこともほとんどできなかったのに、一人で歩いて部屋に帰ることができるようになった。

でもやっぱり痛いし、動作はノロい。

大丈夫か私つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

腰が・・・3日目

三日目:朝起きたらもう立つことも座ることもできなくなっており、這ってトイレへ行く始末。

寝返りも痛くてできず、いったん起き上がろうとするも、かなりの時間がかかり、とりあえずトイレに間に合わなくならないように、早め早めに準備を始める。

今日は家には誰もいないので、病院へ連れて行ってもらうこともできず(一人では立つこともできないので、外へなど出ることもできない)、ただひたすらベッドで横になるのみ。

日々悪くなる体に、歩けなくなってしまうのだろうかという、恐怖が少しずつ湧き上がる(´・ω・`)ショボーン

腰が・・・2日目

二日目:次の朝は腰の痛みなど全くなく、子供と主人のお弁当を作り送り出す。その途端腰が痛みだし、またマッサージを施すが、痛みが薄れることはなく、先ほどまでお弁当を作っていたのに立つことができなくなってくる。仕方なく横になり、そのまま寝てしまう。次に起きた時はまた痛みはなく、歩き出そうとするが何歩か歩くとまた痛みだし、そのまま安静にしている。

夕方、銀行へ行こうと外に出た途端鋭い痛みが走り、100メートルくらいの距離を10分もかけて歩き、帰りは途中でうずくまりながら自宅につく始末。明日の仕事は絶対に無理だと思い、急遽お休みの連絡を入れる。

腰が・・・1日目

また腰が痛くなった。しかし今回はいつもの腰痛とは少々違いが・・・

一日目:日曜日突然腰が痛くなる。軽い痛みだが、気になるのでマッサージをしてみると、痛みはうそのようになくなった。夜、少々痛みが出てきたが、そのまま就寝。

90歳の父

90歳になる父が先日免許証の更新に行ってきた。

帰りに、「また3年後にいらしてください」と、言われたと嬉しそうでしたcoldsweats01

しかしその3日後に、犬と散歩して転んでしまい、肋骨を折ってしまったdowndown

入院まではしなくて良かったが、くしゃみや、立ったり座ったりが痛いらしく、こたつの前に椅子を持ってきてテレビを見ている。しかしさすがに疲れるらしく、最近寝るのが早くなった。

でも懲りずに、裏の空き地まで犬の散歩に行っているらしい。

まあ、ここで歩かなくなったら、それこそ歩けなくなってしまうから、大変良いことなのかもしれないが、テレビ電話のこちらにいる者にとっては、なかなかひやひやものです。

« 2011年6月 | トップページ | 2012年2月 »